洗顔石鹸男性女性肌質の違いとは

男性の肌といえば、色が黒くて脂ぎっているというイメージでしたが、最近の若い男性は、色も白くお肌もきれいな人が多いですね。
男性でもお肌のお手入れをするという意識が浸透してきたのかもしれません。
そもそも男性と女性のお肌に違いはあるのでしょうか?同じ人間の皮膚ですから、基本的な構造は同じです。
ただ、男性ホルモン・女性ホルモンの違いから、元々持っている肌質に違いがあるようです。
では、男女それぞれが持つホルモンがお肌に与える影響とはどんなものでしょうか。
男性ホルモンには、肌を厚くしたり皮脂の分泌を促したりする働きがあります。
女性ホルモンは、お肌の水分を保持したり、肌のハリや弾力を保つ働きをします。
また、女性は20代半ばからホルモンの分泌量が減ってしまいますが、男性は50歳を過ぎた頃から減り始めるといいます。
すなわち、男性の肌は厚くて皮脂の分泌量が多いが、水分量が少なめなため、お肌がベタつきがち。
皮脂量が低下してくるのは50歳を過ぎた頃からということになります。
女性の肌は、男性の肌に比べ薄く皮脂の分泌量も少ない。
お肌の水分量は高めでハリや弾力もあるが、20代半ばから肌の衰えが始ってしまうということになります。
これはとってもわかりやすいですね。
女性の肌はやわらかくてキメが細かいですが、年齢を重ねるにつれ乾燥が気になる人が多いですし、男性の肌は少しキメが粗く、年齢を重ねても肌のベタつきが気になってしまう人が多いですよね。
それに加え、女性は日頃から自分の肌への関心が高く、紫外線対策をきちんと行っている場合が多いため、色が白くキメの細かい方が多いようです。
ただ、お肌のお手入れで毎日鏡を見る習慣があるため、自分の肌の変化に敏感になりすぎて過剰なお手入れをしてしまい、肌荒れを起こしやすいという面もあります。
男性は、まだまだ自分のお肌に無頓着な方が多く、紫外線対策も怠りがちなため、日焼けなどの影響でキメが粗くなりやすいのかもしれません。
また、毎日のひげ剃りで、必要以上に角質層を削りとってしまい、乾燥肌になりやすい状況にあります。
洗顔もゴシゴシと力を入れて行ったり、ひげ剃り後や洗顔後に充分なケアを行わなかったりして、元々の皮脂量は多いのにお肌の表面が乾燥しているという場合も多いようです。
男性自身が自分たちの元々の肌質を理解し、陥りがちな誤ったスキンケアを改善していけば、きれいなお肌の男性はもっと増えてくるかもしれませんね。
http://www.sengan-soap-osusume.com/